紫外線 シミ 癌

とても怖い...紫外線とシミ、癌などの健康被害の話。

太陽

紫外線による健康被害について色々と書いていきたいと思います。

皆さんが紫外線による健康被害で思いつくものはなんでしょうか? 多くの人は「シミ」「ソバカス」「皮膚ガン」を思いつくのではないでしょうか。

シミやソバカス、皮膚ガンはもちろんですが、その他にも白内障、紫外線アレルギー、免疫力の低下などもあるのです。

私達人間は、紫外線を多く浴びてしまうと、細胞の遺伝子が傷ついてしまい、傷ついてしまった遺伝子は、通常は2日間程度で修復することが出来るようになっていますが、紫外線を多く浴び過ぎてしまうと、遺伝子は正常に修復せずに、傷ついた状態で細胞分裂を繰り返していくのです。 そのため、遺伝子が間違った情報に書き換えられ、突然変異を起こし、皮膚ガンになる原因になるのです。 遺伝子を修復する機能を乱す紫外線の限度量というのは、人それぞれで異なっていて、それはメラニン色素が大きく関わっているのです。 メラニン色素は、肌の色でその量が決まっていて、メラニン色素の量が多いほど、肌の色は濃くなるのです。ですが、その分紫外線から肌細胞を守る力も強いのです。

ということは、メラニン色素が多い肌色の方が皮膚ガンになる可能性が低いということなのです。 肌の色が関係しているので、同じ紫外線を浴びたとしても、肌色によって発症率が違うということのです。

そして子供は細胞分裂が活発なので、大人よりも遺伝子が間違った情報に書き換えられる可能性が高いと言われているので、気を付けなくてはいけません。 また10歳くらいまでに紫外線を多く浴びてしまうと皮膚ガンになる可能性が高く、発症年齢も早まると言われていますから、あまり紫外線を浴びないように注意しなくてはいけませんね。

また皮膚ガンと言っても、いくつかの種類がありますので、1つ1つ紹介します。

1つ目は、基底細胞ガンです。
このガンは、皮膚ガンの中でも最も多いく、発症する部位は主に顔で、鼻に多く発症するようです。 このガンは、黒色のしこりが特徴で、潰瘍化することもあります。 そして年齢を追うごとに大きくなっていき、高齢者に多いようです。 転移することはほとんどなく、進行すると患部皮膚内の筋肉や骨にまで侵入する場合もあるようです。

2つ目は、有棘細胞ガンです。
このガンは、基底細胞ガンの次に多い皮膚ガンです。 紅褐色のしこりや潰瘍が出来るのが特徴で、潰瘍化すると強い臭いと伴うようです。 このガンは、発見や治療するのが遅れてしまうと、基底膜を破壊してリンパ節などに転移してしまいやすいです。

3つ目は、日光角化症です。
日光角化症は、紅褐色の斑点が特徴の皮膚ガンです。 発症部位は、顔が最も多いようですが、その他の部位では、頭部、鎖骨、手の甲に見られる場合もあるようです。自覚症状はほとんどなく、長年にわたり、紫外線を浴びたことが原因で、高齢者に多く、悪化してしまうと有棘細胞ガンに進行してしまう可能性もあるので危険です。

4つ目は、悪性黒色腫です。
悪性黒色腫は、別名「メラノーマ」と言われる皮膚ガンです。 黒褐色や赤いホクロのようなものが特徴です。 このガンは、色素細胞がガン化したもので、色々の肌の人に多く見られます。 そして転移しやすいガンで、4㎜以上に増殖すると、メラノーマの可能性が高くなるのです。 また手術で、広範囲の皮膚やリンパ節を切除しなくてはいけないこともあるようです。
皮膚ガンにはこのような種類があるのです。 種類によって、進行の仕方や特徴が違いますので、それらを理解しておくと少しは判断しやすいかもしれません。
そして白内障になるかともあると先ほども書きましたが、白内障になると、視力が低下してしまったり、最悪なケースだと失明してしまう可能性もあるようです。
白内障になると、視力が低下したり、視界がぼやけたり、かすみ、明るい場所や光が眩しく感じたりなどの症状が出ます。

紫外線アレルギーについてですが、紫外線アレルギーという言葉を初めて耳にしたという人もいるのではないでしょうか? 紫外線アレルギーというのは、人は紫外線を浴びると、体内で紫外線に対して抗体が生成されています。そして紫外線を浴びるごとに交代が生成され、紫外線から体を守る役割がありますが、抗体が一定の量を超えてしまうことで、痒みを感じたり、湿疹が出来たりなどのアレルギー反応が現れてしまうのです。 そして1度でもこのようにアレルギー症状が出てしまうと、その後も紫外線を浴びる度に、アレルギー症状が出るようになってしまうのです。 これを「紫外線アレルギー」というのです。
今までは紫外線を浴びていても大丈夫だった人が、いきなり紫外線アレルギーになってしまうこともありますので、誰でもなるかもしれないということです。
免疫力の低下については、私達の体には元々免疫機能が備わっています。 免疫機能はウイルスなどの有害な物質が体内に侵入してくるのを防ぐ働きをしてくれているので、私達には必要不可欠ものなのです。
その免疫機能が、紫外線を大量に浴びたことによって、紫外線が皮膚の免疫細胞を破壊してしまうのです。また紫外線を浴びた量が多いと、浴びた部分の免疫機能に影響を与えてしまい、また全身の免疫機能を妨げる場合もあり、正常に機能しないので、有害物質かの侵入を防ぐことが出来ず、体の免疫力が下がってしまうと、風邪などを引きやすくなってしまいます。

このように紫外線を浴びるとさまざまな健康被害があるのです。このようなことにならないためにも、日頃からしっかりと紫外線対策を行うように心がけましょう。
しっかり紫外線対策をしないと、嫌な目に合ってしあうのは自分なので、注意してください。姉妹サイトをオープンしました!音声通話対応の格安SIMの選び方
こちらのサイトもやっています!クレジットカード審査を通過するコツ