シミ 原因 紫外線以外

シミの原因は紫外線以外にもある!!

シミ

シミの原因が紫外線にあるということは全ての人が知っていると思いますが、他にもシミになる原因がいくつもあるのです。
なので今回は、紫外線以外に何が原因でシミになるのかを見ていきましょう。

1つ目は、ホルモンによってシミが出来る
加齢によってできるシミの多くは、肝斑だと言われています。 肝斑が出来る部分は、顔面がほとんどで、額や頬、目の周りのくぼみの下部、口の周りが多いです。形はさまざまで、シミの色は、淡い褐色から濃い褐色までさまざまあるようです。 ですが境目はくっきりしているので、大半が左右対称に出来ます。 ホルモンバランスが乱れると、メラニン色素の分泌が促され、メラニン色素が拡散されることから、目立つようになるようで、妊娠時や閉経時、生理不順などで現れやすくなる特徴がありますが、妊娠時や閉経時のシミというのは、ホルモンバランスが落ち着くと消失することがほとんどなのです。 このような時にどう対策をすればいいのかというと、1番大切なことは、ホルモンバランスを整える事でしょう。 そして紫外線対策をしっかりすることです。 どんな原因のシミであっても、紫外線を浴びるとシミが濃くなってしまうので、気を付けなくてはいけません。 そしてホルモンバランスが整っていたとしても、ターンオーバーが滞っていると、メラニン色素はいつまでもお肌に残ったままなのです。 なので、ターンオーバーを正常に機能させるためには、スキンケアもしっかり行わなくてはいけないのです。

2つ目は、ストレスによるシミです。
精神的なストレスを受けると、シミが出来てしまう可能性があります。 ストレスを感じると、脳は視床下部を刺激し、ストレスに対抗するためのホルモンが閔妃ツされ、このホルモンは、メラニン色素の分泌も促してしまうので、シミが出来てしまうと考えられているのです。 対策すると言ってもストレスは、目に見えるものではないですし、実感していないという人もいるので、体やお肌に大きな影響を与えるのです。 またストレスを少し感じたら、発散するように心がけてください。

3つ目は、炎症によるシミです。
皮膚が敏感に反応し、接触性皮膚炎を起こしてしまいます。 そのため皮膚を守るためにメラニン色素が大量に生成されシミになってしまうのです。 炎症がおさまれば、メラニン色素の生成量も元に戻りますが、炎症が長引いてしまったり、それ以外の肌トラブルと重なってしまうと、メラニン色素が過剰に作られます。
対処法は、自分の肌状態と体質をしっかり知ることがとても大切です。 アレルギーがあるのであれば、その成分はなんなのかを知って、お肌を守りましょう。 もしも炎症を起こしてしまったら、原因になる成分・物質を避け、お肌を刺激しないようにしてください。 そしてたっぷり水分を与え、ゆっくりとお肌を落ち着かせるスキンケアをしてください。

4つ目は、摩擦によるシミです。
お肌の強く擦ってしまったり、美顔ローラーを使い、強いマッサージをしてしまうと、肌内部が炎症を起こしてしまい、炎症がメラノサイトを活性化して目他人を生成する誘因になるのです。
対策法としては、洗顔、クレンジングにはゴシゴシと強くこすらず優しくすることと、マッサージをする時も強くしないことを心がけ、お肌を摩擦しないようにしましょう。

5つ目は、睡眠不足によるシミです。
睡眠中というのは、重要なホルモンが分泌されたり、皮膚の再生や修復にとってとても重要な時間なのです。 ですが、睡眠不足になってしまうと、ホルモンの恩恵を受けられませんし、皮膚の再生や修復が出来ないので、栄養不足や酸素不足でお肌が正常な機能を果たすことが出来なくなるのです。 正常であれば、日中に受けたお肌のダメージを睡眠中に修復することが出来ますが、これも出来なくなってしまうのです。またお肌のターンオーバーも乱れることで、代謝機能が落ち、シミが出来やすくなるのです。
対策としてはやはりしっかり睡眠を摂ることだと思いますので、夜更かしをせず、早めに寝るように心がけましょう。

このようにさまざまな原因でシミになってしまう可能性があるのです。 これらもシミの原因になるということを理解し、対処法も知っておくと、出来るだけシミを作らないようにすることが出来るのではないでしょうか。

それぞれの原因に共通して出来る対策は、紫外線対策とお肌のターンオーバーを整えることです。 先ほども言いましたが、シミは紫外線を受けると濃くなってしまいますので、気を付けなくてはいけません。

またメラニン色素の生成が過剰に行われていたのが落ち着いても、ターンオーバーが滞っていると、シミがお肌に残ってしまいますので、しっかり対策をしましょう。

ターンオーバーを整えるためには、お肌をしっかり保湿してあげることが大切ですし、欠かせません。 毎日しっかり紫外線対策も保湿ケアもしているけど、シミが濃くなってしまう場合は、もしかしたら、保湿の仕方が間違っている場合もありますので、改善したほうが良いでしょう。