紫外線 種類

紫外線の種類について

太陽の光はというのは、波長により紫外線・赤外線・可視光線の3つに分けられます。

そして紫外線というのは、太陽の光の中では波長が短く、1番エネルギーが高い光なのです。 そのなかでも波長により、UV-A、UV-B、UV-Cの3つに分類されるのです。

そして波長が短いものほど、お肌への影響が強くなってしまうのです。 なので紫外線C(UV-C)が最も危険だと言えますが、現時点では紫外線Cはオゾン層によって守られてはいますが、オゾン層の破壊が進行していくにつれて、気を付けなくてはいけないのです。

最も危険なのは紫外線Cではありますが、皮膚ガンや白内障に影響しているのは、紫外線B(UV-B)なのです。 紫外線Bは、細胞の遺伝子が破壊されて、壊れてしまった遺伝子が修復経過において、突然変異となり、間違って修復されることがあるのです。 そしてこの突然異変の遺伝子が皮膚ガンの原因になってしまうのです。

UV-A、UV-B、UV-Cについて1つ1つ紹介していきたいと思います。

●UV-A
UV-A、お肌の表皮を進み、真皮まで到達します。 UV-Bほど破壊力はありませんが、じわじわとお肌の奥深くまで浸透していき、真皮にあるコラーゲンを破壊して、シワやたるみなどお肌の老化の原因になってしまうのです。 そしてUV-Aは、ガラスや雲も通過してしまうので、直接光を浴びなくても日焼けしてしまう可能性がありますので、日焼け止めをしっかり塗った方が良いでしょう。

●UV-B
UV-Bは、主に表皮を赤くさせて炎症を引き起こしてしまいます。 また表皮のDNAや細胞膜を破壊して、表皮に炎症や火傷のようなトラブルを引き起こしたり、メラニン色素を増加させ、日焼けによるシミやソバカスを引き起こしてしまうのです。 海などに行ってお肌が赤くなり、水膨れを起こすような日焼けは、そのUV-Bが原因です。 地上に届く紫外線総量の10%も満たしていませんが、私たちの体に与える影響は、UV-Aよりも圧倒的に強いので、有害性でいうと、UV-Aの約600~1000倍近くあると言われているのです。 このUV-Bを防ぎたいのであれば、PAの高い日焼け止めを使うようにするといいでしょう。

●UV-C
UV-Cは、UV-Bよりも有害な紫外線なのです。 通常であれば、オゾン層により吸収されて、地上まで届くということはありませんが、近年ではオゾン層の破壊により、その危険性が危惧されているのです。

このように紫外線と言っても種類があるのです。 私達が紫外線を浴びて、「紫外線~だな」と感じることは出来ませんが、それぞれの特徴を理解しておけば、ある程度はどの紫外線かわかることが出来るのではないでしょうか?

また日焼けの仕方も人それぞれで、紫外線を浴びて、お肌が赤くなる人、黒くなる人のようにタイプが違うのです。 日本人は、「赤くなってから黒くなるタイプ」「少し赤くなって、容易に黒くなるタイプ」「すぐ赤くなって、ほとんど黒くならないタイプ」があります。 そしてその中でも、「すぐ赤くなって、ほとんど黒くならないタイプ」の人は、紫外線による影響を受けやすいと言われているのです。

ですが、どの日焼けタイプであっても、毎日しっかりと紫外線対策をすることが大切になります。

紫外線は特に夏は強くて、冬になると弱まりはしますが、1年中紫外線は降り注いでいるので、夏だけ紫外線対策をするのではなく、1年中季節関係なくしっかりと紫外線対策を行いましょう。

また紫外線は、1日の中でも強い時間は、午前10~午後2時までも間だと言われているので、この時間帯は出来るだけ外出しないで、紫外線からお肌を守った方が良いのですが、どうしても出なくてはいけない場合は、念入りにしっかり紫外線対策をして外出するようにしてください。

一方朝方や夕方は、紫外線は弱まりますが、UV-Aの量には、あまり変化がないということも覚えておき、朝夕関係なく、しっかりと紫外線対策を行いましょう。

また場所によっても紫外線量が変わることを覚えておくといいでしょう。 ではそのような所だと紫外線量が変わるのかということですが、赤道に近づいたり、高地になればなるほど紫外線は強まるので、場所に寄って紫外線量は異なってくるのです。

また紫外線の反射率も場所に寄って異なってきて、新雪だと、約80%、砂浜では約25%を反射してしまうのです。 そして水面であっても、約95%を透過してしまうので、水中であっても安心してはいけないのです。 夏に行く人は多いと思いますし、冬になれば雪山に行き、スキーやスノーボードを楽しむという人が多くいると思いますので、そのような所に行く時も、紫外線対策をしっかり行うようにしてください。 紫外線対策をするかしないかで、お肌への影響が異なります。 全ての人が綺麗なお肌を手に入れたいと思っていると思いますし、綺麗なお肌を保ちたいと思っていると思うので、常日頃からしっかりと紫外線対策を行っていきましょう。